FX サヤ取り

FXにおいてのサヤ取り

FXにおいてのサヤ取り

元々FXの魅力はスペキュレーショントレードのキャピタルゲインにあります。つまり、FX取引に於いては相場観が当たった場合には、値幅が取れるだけではなくてレバレッジを使うことによって個人投資家の場合は最大25倍の利益を得ることができます。

 

これこそがFX取引最大の魅力でFXにおいてのサヤ取りの魅力と言えます。只、このレバレッジは諸刃の剣と同じで相場観が見事に当たった時には利益は何倍にも成りますが、相場が反対方向に外れた場合には損失もレバレッジの分だけ極大化することは言うまでも無いことです。

 

つまり、バイナリーオプションの様なリスク限定の取引の対極の取引なのです。従って、FX取引に於けるレバレッジの管理は、投資家の寿命をも左右する重要な要素と言えます。つまり、FX初心者が高いレバレッジで無謀な取引を行えば、数回の取引で証拠金が底を突いて投資家は即死することも有り得ることなのです。

 

従って、取引のキャリアに応じてレバレッジを上げていくことが重要と言えます。通常、各FX業者は個人投資家の場合は25倍以内のレバレッジを認めていますが、法人の場合はFX業者によっては400倍のレバレッジを認めている業者もあります。そして、FXのサヤ取り取引に於いてレバレッジの次に重要なことはトレードスタイルです。

 

つまり、一般的にスキャルピングトレード・デイトレード・スイングトレード・中長期トレードなどと言われる、トレードスタイルを確立することは大事なことです。従って、トレードスタイルを確立することは、自分の得意なトレード期間を持つことに他なりません。

 

即ち、スキャルピングトレーは数秒から数分のトレードを意味し、デイトレードは数分から数時間のトレードを意味し、スイングトレードは数日のトレードを意味し、中長期トレード数週間から数ヶ月のトレードを意味します。そして、これらのトレードスタイルは単にトレードの期間を意味するだけではありません。

 

つまり、スキャルピングトレードの場合は過熱した取引の中で機敏な売買を執行しなければなりません。また、デイトレードに於いても、ポジションをオーバーナイトすることはできません。従って、短期トレードが狙う局面は、ロングの場合はレートが高い過熱した順の局面になる訳です。

 

また、スイングトレードの場合は、短期売買の人民元 為替の逆張り局面を狙うことになります。例えば、3日間上昇したレートが一服した押し目を狙う訳です。

 

そして、中長期トレードは完全に逆張りの戦略と成る訳です。この様に、FXにおいてのサヤ取りはレバレッジとトレードスタイルによって、そのパフォーマンスは大きく違って来る可能性が高いのです。


ホーム RSS購読